「3回目のワクチン接種」で思うこと。

3月1日、3回目のワクチン接種を受ける。前の2回は東京だったので築地の聖路加国際病院のワクチンセンターにて、多人数がシステム化され流れるように接種は終わった。
今回は引っ越した横浜で、近所の個人医院で受けた。昔からある医院である。予約の時間には10人くらいの人たち、女性の高齢者が多かった。私にとってはおそらく子供の時以来何回くらいあったろうか、靴を脱いで上がりスリッパを履くような医院である。しかし待合室は広く清潔感があった。
私は足の不具合があり、杖をついて上がると、皆さん高齢であるにもかかわらず席を譲ろうとしてくださった。有り難かったが躊躇していると、看護師さんが椅子を出してくださり、座って順番を待つことができたので「気を遣ってくださり有難うございます」と声にしてお礼を言った。皆さんも安堵なさったのか笑顔を返された。
直ぐに接種も終わり、待合室でマスクと各人距離を保ち10分くらい安静にしていると、隣のご老婦人が、「2回と言っていたのに3回目、これでは4回目なんてまた言われるかもね…」と少し笑いながら、私に囁くように言われた。私も「ですよね…」と苦笑いで応えた。この方はきっと家族から、またはテレビの情報等で3回目の接種に来られたのだろうが「何もかもご存知なのであろう」と思った。この感染症の対策についても。
急に外は曇り始め、皆さんと一緒にバスの時間表を確かめあって医院の前のバス停まで行った。お年寄りの皆さんは静かに穏やかで、帰り際、靴を履く私を待ってもいてくださった。
深刻な感染症の拡がりというシリアスな事態の日々の中で、私には人の温もりが感じられたワクチン接種の一日であった。その夜のニュースでは東京の効率化された大規模な接種会場が映されていた。そしてこの状況のなかで東京マラソンを実行するという…。

副作用なのか夜半にかけて少し肩の痛みを感じながら、この2年続く感染症が、withコロナなどでなく何とか早く治まって皆が普通の日常をおくれることを願い祈った。

ラジオの日「ラジオ深夜便」より

2ヶ月ぶりにラジオの収録で東京へ行った。感染症の広がりがあったが、S村さんと二人きりでスタジオに入り、マスク、衝立を挟んで万全の体制であった。演劇、映画、ドラマ、リハビリ、大切な人たちのこと、近況など。「ラジオ深夜便」は落ち着いた番組だし、私のコーナーは朝早い放送なので、ユックリと静かに丁寧に話を進めるよう心がけた。

この日、倒れて身体に不具合の残ったこの8年の気持を聞かれて、私はこの壮絶な8年間は私の人生に不可避のもので必然であったと、今はこの不条理を受け入れて生きているとマイクに向かって話していた。ここまでの話ができるようになるまで8年かかったということなのだろう。

拙作エッセイ『歌うように伝えたい』も、この時期に書かざるを得ないものであったし、カメラの前に立たせてくださった監督たち、何かが少しズレていたら、まったく違う来し方になっていたろうと思い、一言一言を噛みしめるように静かに話した。
私と同じ病を患われた伊集院静氏、山田太一氏のお二人もこの「明日へのことば」のコーナーにゲストで出ておられていて、この「ラジオ深夜便」の番組が持つ落ち着きが、私を在ろうとする方向に誘ってくれたのだと思った。話している間、私は自分が「変化している」ことを思い、余計にまとっているものを一枚一枚脱いでいく感覚があり自分でも驚いていた。

帰り道、タクシーの車窓から眺める渋谷の外観はこの8年で大きく変わっていて、以前そこにあった建物、風景がマボロシのように浮かんできた。その変わりように、街も人も私も、生きている限り、人が住み動いている限り変わっていくのだと胸が詰まった。
そして、いつかこの感染症が終息し、街に平穏が戻ることを祈り、在るべき日常が戻れば、私はこの大きく変化し続けている街を少し老いたこの身体で存分に歩き回ってみたいとも思った。
その時の自分の気持の変化、在り様を知りたいがためにである……。

圧倒的な青空を追う。年の初めに思うこと

今年ももう半月が過ぎた。
寒くて、街も雪で真っ白になった日もあったが、冬の晴れ渡った青空が綺麗だ。その青に誘われるように近くの小さな公園まで行く。
青空の向こうには丹沢山系が横たわり、冠雪した富士山が真正面に座していて美しい。
公園の端には、地面にいく筋も根を張り巡らせた大きな老木が青空に突き刺さるように真っ直ぐに伸びている。
私の日常の中に広がるその景色は、何だか尊いものを見ているようで少し気が引き締り、この青空を追って今年も色んな絶景に出会いたいなと思った。

NHK SDGs作品「種をまく」15分バージョン放送!

NHK SDGsのミニドラマ「種をまく」という2分間の作品をこのnoteで紹介致しましたが、なんと、評判が良いとの声に、急遽ディレクターズカット版の15分バージョンが作られました。
放送は来年1月2日(日)午前4時15分〜30分NHK総合にてです。録画でも観てくだされれば嬉しい限りです。私のまいた種がまさに悠久の時を超えて……深い森の大木として。象徴的で素晴らしい、持続可能な世界に向けたSDGsにふさわしいドラマ作品として成立しています。是非、視聴して頂ければ幸いです。

NHK SDGsミニドラマ「種をまく」ディレクターズカット版
2022年1月2日(日)午前4時15分〜4時30分 NHK総合

塩見三省オフィシャルサイト リニューアル公開です

オフィシャルサイトをこの度リニューアルしました。

そして個人的なお知らせでなのですが、10月末をもって所属事務所アン・ヌフを退所しました。これからはこの【塩見三省オフィシャルサイト】を私の基盤ベースとして、色々なオファーに応えるべく自分の可能性を信じて表現していきたいと思います。皆様の力を借りて、このベースを色彩のある情報発信の場にすべく精進します。宜しくお願い致します。

新たな気持ちで2022年をスタートしたいと思っています。

『歌うように伝えたい』6刷の重版に!

この一年、お疲れ様でした。色んな意味でストレスのかかった年を乗り越えられてこられた人たち、そして来年もシリアスな事があると思いますが、明るく勇気を持って歩いて行こうとされる人たちにエールを込めて。

そのような読者の人たちに拙著『歌うように伝えたい』をお届けできたら嬉しくこの上ない幸福です。フッと立ち止まったりする時に、この本が側にあり、ページを手繰って、温かい気持ちを持って、またゆっくりと歩き出されることを祈って。

2021年12月27日  年の瀬に

ある冬の一日

今日は土曜日、義妹が休みの日なので昼食はガレットを作ってくれた。午後は取り掛かっている「ラジオドラマ」の作業をしていると、妻と義妹がニトリで座椅子とか冬に備えての買い物に行くというので、足手まといになりかねないが、真っ青に晴れわたった天気、外に出たくて連れて行ってもらった。遠いけれども新横浜でなく磯子のニトリまで行くという。その店舗の凄い広さに驚いた。東京で何十年も飾っていたクリスマスツリーは引っ越しで処分したので、ニトリに沢山のツリー用品があり今年からは少し大き目のツリーを飾りたくて購入したかったが荷物が多いので今度来た時にと妻に言われて、今日はやめた。
帰りは、義妹が気を利かしてくれたのか、中華街の関帝廟の前の道をゆっくりと車で進み、散歩しているように懐かしい一軒一軒を堪能した。コロナ禍で壊滅状態と聞いていた中華街だったが、この土曜の夜は賑わいが戻っていていつもの街であった。夜食用に小籠包を購入して、そのまま静かに元町を走り抜けてくれた。
元町はもうクリスマスのイルミネーションで街路は光りの路になっていて美しかった。私は無音の車の中から街中を歩く様に走る時の窓からの景色は大好きだ。
「来年暖かくなったらこの次は海に連れていってくれないか……」と義妹に頼んだ。「良いよ、茅ヶ崎に美味しいケーキ屋さんあるし湘南の海にでも」と言ってくれた。

12月に入って、色々あった2021年も結びを迎えようとしています。2012年から続けてきた私の公式HPとBLOGをリニューアルして、オフィシャルサイトとして年末に公開する予定です。

『歌うように伝えたい』5刷目の重版決定!

5刷目の重版。刊行されて5ヶ月の間、多くのインタビューを受けてきました。そこでは、新しい分野の人たちと出逢っているのだという喜びがありました。このエッセイ本に寄せられた気持ちの入った人たちの記事によって、私の分身としての『歌うように伝えたい』は広がりを見せてくれたと思う。これからも、この本を手に取ってくださる読者の方々に届けるよう、コツコツと取材を受けて、この拙著の広がりを見届けて行きたいと思っています。

NHK SDGs作品「種をまく」を撮影した。

2分のミニドラマであるが、朝の8時から一日かけて丁寧に時間をかけて撮影した。監督・高橋陽一郎、制作統括・藤並英樹、スタジオ内の美術はみごとなもので、カメラは白黒ブラック&ホワイト、出演は私一人で、英語で話す。その陰影、光と陰の中で私は「作為」というものから解放されて、ただそこに在ることができた。世界に「種をまく」象徴的な老人を、監督はじめ皆で創り上げられたと思う。そして、自分自身の老いの中、ある意味で、俳優としての私の極点なのではないかとも思った。誘ってくれたスタッフに感謝している。

NHK SDGsミニドラマ EP5「Planting a Seed (種をまく)」
放映日  11月12日(金)総合 午後11時30分〜/11月16日(火)総合 午前10時47分〜

横浜の「十三夜の月」

横浜に越してきて、一ヶ月が経つ。先日、義妹が車で妻と元町にあるフランスの冷凍食材を扱う店に買い出しに行くので一緒に連れて行ってもらった。久しぶりに快晴の日曜日で、家から30分ぐらいで元町に着いた。何年ぶりかで歩行者天国の元町を杖ついてゆっくりと散策した。


喫茶店も家具屋さんも以前と何も変わらない。元町は高い建物がないので真っ青な空が通りの向こういっぱいに広がっている。二人は買い物をするというので私はベンチに座り、一人で待ちながら行き来する人たちを眺めていた。相変わらずこの通りは犬を連れた人が多い。老夫婦、若い家族連れ、そのありふれた景色をボンヤリと見ていると急に何故か胸が締め付けられ「やっぱり生きていて良かった…」の感情が押し寄せて来て泣きそうになった、いつもの元町に…。在るべき店があり、大きなビルに吸収されずに旧くからの個人商店が残る元町のあり様に気持ちが入ったのかもしれない。

帰り路、街並みを抜けて少し高台の住宅街に入る。カーブを切り前方が開けた瞬間に夜空に凄く綺麗な月が現れた。この日は十三夜の月であった。